講義

07 あとで楽するために今すべきこととは?

何事も最初からうまくいくことはありません。

何度も失敗し、苦労しながらうまくいくコツを掴んだりしていきます。

これは、お金のことについても同じです。

あとで楽するために今すべきこととは?

ズバリ、あとで楽をしたいなら、今すぐに「金のなる木」を買うのが一番いいです。

その金のなる木が成長していけば、お金を産んでくれるようになります。

それがどんどん広がっていけば、自分が働かなくても金のなる木がせっせとお金を産んでくれるようになります。

その後生きるために働く必要はなくなりますし、嫌なこと・したくないことから逃れることもできるようになります。

金のなる木とは何か?

ここでいう「金のなる木」は、金融商品や不動産に当たります。

また、銀行に預ければ高い利息がついた時代なら、お金を銀行に預ける行為が金のなる木を買うことと同じでした(最近では利息はほとんど付かないので、預金は必要な範囲内に留めておくほうが良いかと思います)

中には放っておいてはいけない商品もありますが、ともかく、放っておいても価値が変わらず、自然に価値が上がっていくものを確保することが大事です。

それがおもちゃのレアなトレーディングカードであっても、資産価値があって値段が上がり続けていくのなら、立派な金のなる木と言えます。

そんなにお金がない人へ

金のなる木を買うことができない人の場合、まずは収入を増やしておく必要があります。

それをしない限り、金のなる木を買い続けることができません。

ですので、自分自身の能力をアップさせるためにお金を使い、それによって収入を増やしていくことが大事になります。

そのほかに、無駄な出費を削ることもとても効果的です。


というのも、お金を儲けようとしてもなかなかうまくいかないことが多いですが、節約すれば節約した分だけ手元にお金が残るので、即効性が高いからです。

収入よりも支出が多いなら、支出を削る努力をしてみることも大事になってきます。

金のなる木を買うのが1番いい

金のなる木は自分で作り出す場合もありますが、これはなかなか大変な作業です。

自分の商品を作り上げ、それを販売していくことは、高度なものであればあるほど難易度が高くなります。

それこそ、特許を取るくらいの勢いでやらなければならない場合もあるでしょう。

そうではなく、誰かが作った金のなる木を買えば、余計なプロセスを省いて効率的にお金を得ることができます。

多くの場合、自分で0から価値を作ることは困難を伴います。

それよりは、誰かが作った価値あるものを手に入れたほうが苦労が少ないと言えます。

まとめ

将来豊かになりたいなら「金のなる木」を買いましょう。

講義
08 戦後のサラリーマンという生き方の背後にあったもの

この記事の目次1 戦後のサラリーマンという生き方の背後にあったもの2 過労死の問題3 反論への答え4 まとめ 戦後のサラリーマンという生き方の背後にあったもの サラリーマンという生き方の背後にあったも ...

続きを見る

-お金の講義
-

© 2020 人生の羅針盤 Powered by AFFINGER5